東京北ロータリークラブ

活動報告

トップページ > 活動報告 > 気仙沼RC[育英奨学助成金交付式]出席報告

気仙沼RC[育英奨学助成金交付式]出席報告

2019年1 月29 日(火)気仙沼ロータリークラブ例会に出席。
奨学金交付式に内ヶ﨑会員、古谷会員、坂下会員 飯田会員、木原会員、小野会員、小林 7 名で
出席してまいりました。
例会前の午前中に車をチャーターして山の手にある戸建て復興住宅(市営牧沢住宅)、市内にあ
る5 階建公営住宅、気仙沼湾横断橋工事等々を見て回りました。その後例会に出席しまして、今
回は4 校4 名の高校3 年生に奨学金が授与されました。
その内2 名は 母子家庭という厳しい環境の中でも、ほかの2 名と同様に学業優秀、クラブ活
動も皆部長として積極的に活躍しており、大学卒業後は将来地元に戻り少しでも復興に役立ちた
い気持ちが伝わるスピーチでした。
例会後、元会長で市会議員の臼井様より、復興状況等の話をしていただきまして、今のスロー
ガンは【復興から創生へ】と言うことでした。政府の復興期間が2020 年までで「ハード事業は
完了できるか」「ソフト事業は終了してよいか」というところが悩ましい所だとおっしゃってい
ました。我々としては少しでも復興創生を願うばかりです。 ― 社会奉仕委員長 小林 宏 ―

4 25 48 52


2018年1月23日(火)、坂下博康前年度社会奉仕委員長から、奨学金交付式への出席報告。


2017年1月24日(火)、坂下博康社会奉仕委員長から奨学金交付式への出席報告があった。市内の高校生10人に奨学金が贈られた。助成金交付は今年で5回目となり、被災地の現状は、復旧はしているものの復興までは至っていないとの報告があった。


2016年1月26日(火)、安達宣秀社会奉仕委員長から奨学金交付式への出席報告があった。市内の高校生10人に奨学金が贈られ、生徒一人一人が復興への思い等を披露した。震災後は当クラブ、福岡中央RC、くずはRC、伊勢原中央RCが加わり支援している。


2015年1月27日(火)、真田博社会奉仕委員長から奨学金交付式への出席報告があった。前日の夜、気仙沼に着。何人かの方にお話を聞き、まだまだ復興なかばの市内を見て廻りました。又飲食、土産等、少しでも地元のお役に立てばと夜の街に出掛けました。

式当日、当クラブ田中良一次年度会長の挨拶の後、5高校各2名の3年生(大学進学生)のスピーチを聞きました。彼ら・彼女らは高い志を持ち、気仙沼復興に役立つ大学の学部に入学します。海洋学を学び放射能汚染の風評被害を払拭する、観光学で当地の観光業に寄与する等、少しでも復興に役立ちたいとの気持ちがひしひしと伝わってくる素晴しい生徒たちでした。

彼ら・彼女らの半数近くはまだ仮設住宅で暮らし、観光客は1/5に激減、近い将来人口が58%になると予想されるなか、微々たるものであるが、我々が少しでも貢献できたら、又、一日も早い復興と彼ら・彼女らの活躍を願ってやみません。
katsudo_top2_2 katsudo_top2_1 katsudo_top2_3 katsudo_top2_4 katsudo_top2_5

活動報告

東京北ロータリークラブ

例会日
毎週火曜日
12:30~13:30
例会場
帝国ホテル
事務所
〒101-0046
東京都千代田区神田多町2-11-4
関ビル4階
電話
03(3255)8500
FAX
03(5298)6131

例会場のご案内

帝国ホテル
〒100-8558
東京都千代田区内幸町1-1-1
電話 03(3504)1111