東京北ロータリークラブ

会長挨拶

会長就任にあたって

2018-2019年度 東京北ロータリークラブ
会長 島﨑 克之

物部直前会長から、引き継ぎました。本日から一年間、47回の例会がありますが、よろしくお願い申し上げます。

今年度のRI、バリー・ラシン会長が掲げたテーマは「Be The INSPIRATION」,「インスピレーションになろう」です。これは「超我の奉仕」からインスピレーションを得て、ロータリーを通して行動するようにクラブや地区の人にインスピレーションを与えましょう」という意味にもなります。
第2580地区 松坂順一ガバナーの方針は「研修」と「活性化」であります。私がクラブの方針として掲げたテーマは「相互理解と未来への融合」[Be Blended-Light Up the Future]です。いずれも突き詰めれば共通のテーマが浮かび上がってきます。さて、今年度は、第2580地区は大きな変化の年になりました。本年度の松坂順一ガバナーの方針により、分区におけるガバナー補佐が北分区では3人になりました。他の分区も同様です。それが何を意味するのか、正直私も戸惑っているのが現実です。また、規定審議会の新しい方針として、今まで役員であった、幹事と会計が理事となりました。そのためクラブにおける理事会構成は、ほぼ執行体制と一緒という少々いびつな形態になっています。これは理事の増員などで、今後是正する必要があるかもしれませんが、それよりも大きな問題がたくさんあるように思います。
世界全体のロータリーの問題、日本におけるロータリーの問題、そしてわがクラブの問題はと考えるといくつかの共通の問題点が浮き上がります。それは、会員の減少です。今年の一番のテ―マは会員増強です。しかし、ただ、会員を増やせばいいのかという議論も確かにあります。
しかし、増強する上で大事なことがあります。それは我がクラブが、入りたくなるような魅力あるクラブかという問題です。やはり、外から見て魅力あるクラブでなければ増強はありません。例会における卓話、これは誰の目から見ても誇れるプログラムであると思います。多くの皆さんのご尽力で作り上げてきた我がクラブの卓話は外に誇れる大事な財産であると思います。これは増強における大きなポイントになると思います。クラブの一体感はどうでしょうか?確かに一体感はあるでしょう、でも何か足りない気がします。ここ数年たくさんの新しい会員の方々が入会されました。また、残念ながらご逝去やよんどころない事情での退会によって、結果として会員数は減少しています。新しい会員の方々は努力してこのクラブのことを知ろうとしたでしょうか、歴史を学ぼうとしたでしょうか、習慣を学ぼうとしたでしょうか、古くからの会員の方々はクラブのことを教えようとしたでしょうか、歴史について語ろうとしたでしょうか、習慣について教えようとしたでしょうか、今必要なことは古くからの会員の方々と新しい会員の方々との「相互理解」です。これが成されないと「未来への融合」がありません。つまり、外から見て魅力あるクラブではなくなってしまいます。魅力ある奉仕も出来ません。それは会員の増強が成されないことに繋がります。相互の理解ということはお互いが研鑽し、心を開き学ぶことです。毎週例会に集まり、楽しく食事をし、素晴しい卓話を聞いて・・。これだけでは相互理解はできません。クラブの歴史を知り得ません、教えることは出来ません。又、もしクラブに改革が仮に必要であったとしても、創立以来の考え方、習慣、伝統をよく知り、理解しないと何に改革が必要なのを正しく考えることは出来ません。あらゆる機会を捉えて、会員皆様のご協力を得てより良いクラブ作りを行いたいと思います。今年度はすべての会員の方々にアクティブに動いて頂きたいと思いますし、そのような機会を作っていきたいと考えています。あと2年で2020年~21年度は70周年になります。この2020年~21年度に、「あの2018年~19年度が会員増加へのターニングの年度になったね」と言われるようになりたいと思っています。
幸い、素晴しい方々に理事、役員、委員長を引き受けて頂きました。また、何人の方々には、忙しいにも拘らず、地区役員を引き受けて頂きました。多くの皆様にご協力頂きながら本日から1年間勤めさせて頂きます。改めまして、会員の皆様のご指導、ご鞭撻をお願いし、就任の挨拶とさせて頂きます。

クラブ紹介

東京北ロータリークラブ

例会日
毎週火曜日
12:30~13:30
例会場
帝国ホテル
事務所
〒101-0046
東京都千代田区神田多町2-11-4
関ビル4階
電話
03(3255)8500
FAX
03(5298)6131

例会場のご案内

帝国ホテル
〒100-8558
東京都千代田区内幸町1-1-1
電話 03(3504)1111