東京北ロータリークラブ

会長挨拶

会長就任にあたって

会長

2019-2020年度 東京北ロータリークラブ
会長  清水 俊一

 この度、2019〜2020年度の東京北ロータリークラブ会長を拝命し、その責任の重大さを痛感しつつ、気分新たにロータリークラブライフの新年度を迎えています。

 今年度の国際ロータリー(RI)のマーク・ダニエル・マローニー会長は「ROTARY CONNECTS THE WORLD(ロータリーは世界をつなぐ)」をテーマとして掲げ、また新本博司ガバナーは地区のテーマとして「クラブこそ原点」を表明されています。クラブ内の親睦を図り、地域や世界へと「つながり」を広げていくことが課題だと認識しています。

 そして、RIや地区の方針を踏まえ、我がクラブにおいては「承継と変革(Continuity & Innovation)」をテーマに活動します。諸先輩方が築いてこられた東京北ロータリーの伝統を承継するとともに、変化の激しい時代背景を踏まえ、変わるべきものは変え、新しいものへも積極的にチャレンジしていきます。「承継と変革」は二律背反のように聞こえますが、変革のベースには原点回帰の視点が必須です。まずは「クラブありき」の原点に回帰し、クラブ内の老壮青を超えた親睦をより一層深め、そんな中で善意の集合として奉仕が生まれるという『親睦+善意=奉仕』の方程式を実践してまいります。

 具体的には5大奉仕活動の一層の活性化であります。特に奉仕の根幹をなす職業奉仕を肝と捉え、今まで以上の地域に根ざした社会奉仕活動、また実質的には地域を持たないと言われる東京北ロータリーの特徴を生かし、グローバルな視点で国際奉仕活動にもチャレンジします。次年度はクラブ創立70周年に当たります。60周年でグローバル補助金を活用した事業を実施した経験を生かし、70周年記念事業に国際奉仕活動ができる準備を進めてまいります。

 また、最近のクラブが抱える大きな課題があります。クラブの魅力のアピール不足により、会員増強がなかなか計れないことです。前年度のテーマでもありましたが、今年度はシニア・ジュニアの交流を計るべく「シニア交流特別委員会」を設置し、気軽に老壮青が交流を計れる環境作りを進めます。シニアの知恵とジュニアの感性のぶつかり合いの中から、新たなクラブの魅力を醸造できるように、活動を進めたいと考えます。この魅力を外部にもアピールする機会を増やし、公共イメージを高めることにより会員増強に努めます。

 諸先輩からは「たかがロータリー、されどロータリー」という言葉をよく聞きます。次年度の記念すべき70周年に無事にバトンを渡せるよう、焦らず真摯にクラブ活動に取り組み、重責を全うしていく所存ですので、会員の皆様方の絶大なるご支援、ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

クラブ紹介

東京北ロータリークラブ

例会日
毎週火曜日
12:30~13:30
例会場
帝国ホテル
事務所
〒101-0046
東京都千代田区神田多町2-11-4
関ビル4階
電話
03(3255)8500
FAX
03(5298)6131

例会場のご案内

帝国ホテル
〒100-8558
東京都千代田区内幸町1-1-1
電話 03(3504)1111